最新ニュース[新着情報/お知らせ]

対マカオ輸出食肉取扱施設選定について


お客様各位
福岡食肉市場株式会社
代表取締役 花田 眞也

対マカオ輸出食肉取扱施設選定について

 平素は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。
 この度、福岡市中央卸売市場食肉市場併設と畜場並びに、食肉処理場(部分肉加工施設)は、下記の通り、平成22年3月8日付で対マカオ輸出食肉取扱施設としての選定を受けました。これにより、適切な衛生管理とトレーサビリティ機能を備えた当市場で解体・カットされた牛肉を、中華人民共和国マカオ特別行政区(通称:マカオ)へ輸出することが可能となりました。
 マカオは観光産業を中心に大きな発展を遂げており、高級食材として和牛にも注目が集まっています。近郊に空港・港湾を抱える当市場の立地条件を活かし、世界に向けて安心安全な国産牛を提供して参ります。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。



1. 認定日 平成22年 3月 8日
2. 施設番号 FC−1
3. 名称及び住所 (と畜場)
福岡市中央卸売市場食肉市場
福岡市東区東浜2丁目85番地14
(食肉処理場)
福岡市中央卸売市場食肉市場(部分肉施設)
福岡市東区東浜2丁目85番地14
4. 輸出時の注意事項 福岡市食肉衛生検査所が発行する「食肉衛生証明書」と、福岡食肉販売(株)が発行する製品ラベル(英語表記)が必要となります。詳細は各所にお問い合わせ下さい。